タブレット学習のメリットや特徴とは?

投稿日:

近年、タブレット学習が新しい形の通信教育として注目を集めています。

小学生の子どもでもひとりで取り組むことができ、自宅学習ができるという安心感のあるタブレット学習は、共働き家庭を中心にサービスの普及が広がっています。

タブレット学習はこれまでの通信教育やドリル学習と、どのような違いがあるのでしょうか。

そのメリットや特徴についてご紹介します。

充実した教材と学習コンテンツ

世界中で利用されるようになったスマートフォンやタブレット端末は、いまや大人だけではなく子どもにとっても身近なアイテムのひとつとなりました。

感覚的にペンやタッチで操作ができるタブレット端末は、小さな子どもでも簡単に扱うことができるため、通信教育だけではなく学校や塾などの現場でも導入が広がっています。

 
タブレット向けの学習サービスには、ベネッセや学研といった大手企業も数多く参入しており、それぞれの学年や学習度に適した教材を利用することができます。

郵送などの手間もなく、ダウンロードをするだけで次の学習範囲に進むことができるため、一人ひとりの進捗ペースに合わせて、効率良く勉強を続けることができるようになっています。

あらかじめ教材をタブレット端末に入れておけば、オフライン環境でもサービスを利用することが可能で、外出先や旅行先などでも暇つぶし感覚で学習を進められます。

 
用意された問題を解けば、アプリゲームや図鑑集めができるなど、勉強に対するご褒美があるのがタブレット学習の特徴のひとつです。

子どもが楽しみながら取り組むことができるように工夫が取られており、興味を持つことで自主的な学習能力を身につけられるようになります。

その日の勉強時間や進捗具合も、保護者向け機能を使うことで確認ができるようになっており、時間が取れないようなときでも、安心して利用することができます。

自動採点と解説で効率的な学習ができる

タブレット学習は子どもに学習意欲を持たせる効果があるだけではなく、保護者にとっても嬉しいメリットが多くあります。

そのひとつが自動採点機能です。

タブレット学習では解き終わった問題に対してアプリが自動採点をしてくれるため、保護者が添削や答えの確認をする必要がなく、毎日の負担を大きく減らすことができるようになります。

 
解答しなければ答えが確認できないようになっているため、こっそりと答えを丸写しするといった心配もありません。

子どもも解答後すぐに自分の正解と間違いを確認することができるため、集中が途切れてしまうようなこともなく、効率良く学習を進めることが可能です。

 
新しい範囲の勉強や間違ってしまった問題の解説では、画像や動画を使ったわかりやすい説明が見られるようになっています。

画像や動画ではアニメーションを使った親しみやすいものが多く用意されており、わからない部分は何度も繰り返し見ることができるため、理解ができるまで確認することが可能です。

 
忘れてしまった範囲の復習にも解説動画を利用することができ、子どもの挫折や勉強に対する苦手意識を取り除いてあげられるようになっています。

一度操作や確認方法を覚えることができれば、ひとりでの自宅学習もできるようになります。塾などの学校外教育では、送迎の必要があったり、遅い時間帯に外出させてしまうといった心配がありましたが、タブレット学習であればなかなか時間が取れない共働き世帯でも安心して活用することができるようになります。

専用タブレットでインターネットの利用も安心

タブレット学習の導入には主に2つの方法があります。

ひとつが自宅にあるタブレットに学習アプリを入れて利用する方法で、もうひとつが通信教育サービスから専用端末を受け取って利用する方法です。

 
タブレット端末を子どもが利用する上で気をつけなければいけないのが、ゲームだけで遊んでしまったり、危険なインターネットサイトへアクセスしてしまうことです。

特にSNSなどは誰でも参加ができて気軽にコミュニケーションが取れるというメリットがある反面、子どもに悪影響を与えてしまうような書き込みや誘導なども多くあるため、保護者が安心して利用ができる環境を整えておく必要があります。

 
学習アプリを導入して利用する場合、学習アプリ以外のゲームやインターネットを起動してしまう可能性もあるため、子どもが使っても大丈夫なようにフィルタリングや利用制限の設定をする必要があります。

家族と共用でタブレット端末を利用する場合は、お互いの利用時間が制限されることにもなるため、注意しなければなりません。

 
一方、専用端末を使ったタブレット学習では、最初から学習アプリ以外の機能が制限されており、目の届かないところでも安心して利用させることができるようになっています。

大人と同じように自分専用のタブレット端末が与えられることで、子どものモチベーションを高めることも期待できます。

専用端末が支給される学習サービスは、学習アプリも初期費用が高くなるという負担もありますが、安全面などを重視して利用したい場合には大きなメリットがあります。

機器のトラブルや故障には注意

タブレット学習特有のデメリットとしては、機器のトラブルや故障が発生する可能性があることです。

タブレット端末の操作性が悪くなったり、機能そのものが使えない状態になってしまうと、子どもがいくら意欲を持っていたとしても、強制的に学習が中断されてしまうことになります。

 
タブレット端末の再購入や修理には大きな費用がかかってしまうため、保護者にとっても大きな負担となってしまいます。

毎日使うものになるため、防水機能があるなど、できるだけ丈夫なものを購入するようにした方がいいでしょう。

子どもにもタブレット端末が大切なものであることを理解させておきましょう。

カーペットがある部屋など、落下時の衝撃が抑えられる環境での利用を徹底させることができれば、機器自体の故障や損傷の被害も避けられるようになります。

タブレット学習に向いている子ども

タブレット学習には、子どものやる気や学習意欲を引き出すために様々な工夫が加えられています。

特にメリットが多いのは、鉛筆や紙での勉強に苦手意識を持っている子どもです。

勉強自体には興味があっても、鉛筆を持つことや机に向かうことに抵抗感がある子どもは、自主的に取り組む習慣がなかなか身につけられません。

 
タブレット学習では答えを指で選択したり、文字や数字の記入も入力だけでできるようになるため、興味を持ってくれる可能性があります。

ただし、タブレット学習の場合でも、保護者や周りから強制的にやらされていると子どもが感じてしまえば、苦手意識が芽生えてしまうこともあります。

あくまで新しい学習方法の提案としてタブレット学習を与えるようにして、子どもの自主性や学習意欲をうまく引き出せるようにしましょう。

まとめ

タブレット学習は新しい通信教育の方法なので、経験がない保護者の方にとっては不安や疑問も多いかもしれません。

初めは子どもと一緒にアプリでの学習を試してみて、どのような感覚で勉強ができるのか確認してみることをオススメします。

親がタブレット学習に興味を見せれば、子どもも同じように取り組んでくれることもあります。

タブレット学習のメリットや特徴をよく理解して、その特性をうまく活用していきましょう。

-オンライン学習

Copyright© 雑学と豆知識のトレンド , 2017 All Rights Reserved.