デジタル教材で楽しく学べるタブレット学習

投稿日:

今までの紙の教材では、使う教材全部を置く場所にも困る上に、勉強中の子どもに親がつきっきりでないと、なかなか勉強が進まないこともありました。

タブレット学習では自分で採点をできる機能が備わっている他に、動画やアニメーションなどを使って勉強が捗る手伝いをしてくれます。

デジタル教材を使用して学べるタブレット学習について紹介していきます。

紙の教材とデジタル教材の違い

今までの学習方法との違いで大きいのは、使用する教材が紙かデジタルかという部分です。

今までの教材に使用されていた紙は、置き場所に困ってしまうのが難点でした。

最初は子どもの食いつきもよく、頑張って続けているという場合も多いですが、段々と飽きて放置してしまうという家庭も少なくなかったはず。

親がちゃんとやるように言っても、全然進んでいないこともあります。

 
平日の場合は、親も子どもも仕事や学校などで忙しいために、時間がない場合があります。

せっかく頼んだ通信教育も、時間がないとやることはできず、飽きてしまえば進むこともありません。

 
タブレットのデジタル教材は、子どもが飽きずに勉強を続けられる工夫がされています。

紙の教材ではできなかった動画やアニメーションを用いて、キャラクターたちが問題を提出したり、勉強の手伝いをしてくれます。

子ども一人での学習が可能

親がつきっきりでなくとも、一人での学習ができるのがデジタル教材の強みです。

家庭によっては共働きをしていて、子どもが勉強をしてもその採点をしてあげるのがなかなかできないという場合もあります。

他にも、親が見ていないと勉強が進まないという問題もあるため、紙の教材では親が一緒に勉強の様子を見てあげたり、勉強がどこまで進んだかを何度も確認することもあったはずです。

 
デジタル教材には自己採点機能の他に、問題を詳しく解説してくれる機能が備わっています。そのため、親がいなくても自分で採点をつけることができ、間違えてしまった問題をすぐに再チェックすることができます。

 
また、子どもによって苦手な科目や問題は変わってきます。

学校では集団での勉強になってしまうので、自分だけ苦手な問題をそのままにして先へ進むことも。

タブレット学習で使用するデジタル教材に付いている解説機能は、そういった苦手の取りこぼしをなくしていくことができます。

 
タブレットのデジタル教材の種類にもよりますが、子どもの得意、不得意な部分がある問題を、レベルに合わせた問題の提出ができるようになっているものもあります。

まずは簡単なものから取り組むことで、基礎となっている問題の解き方を頭に入れることができるので、自分の苦手を克服して、さらに難しい問題に挑戦できるようになっています。

 
その子どもに合わせた最適な学習スケジュールを作ってくれるだけでなく、学年や学期をまたいだ問題もできるため、今からでも通信教育をさせたいという親御さんも安心してタブレット学習を子どもに勧められます。

つまずいている箇所に戻って問題の予習ができるので、苦手な問題を克服したいというお子さんの願いも叶えるのが可能です。

置き場所に困らない

タブレット端末だけを使って学習するタブレット学習は、その置き場所に困りません。

紙の教材は溜まっていくと置く場所に困ってしまって、邪魔になる場合もありました。

タブレット学習はタブレットがあればどこでも勉強ができるようになっているので、持ち運びが便利にもなっています。

 
手付かずになってそのままになった紙の教材は、一緒に送られた付録と山積みになったことがあるという親御さんもいるはず。

タブレット学習はデジタル教材での配信となっているので、全教科をタブレット一つで学べるようになっています。

 
では、タブレット学習には紙の教材はないのかというと、そうではありません。

タブレット学習で学んできたことがしっかり役に立っているか、実力がついているかを確かめるために、年に数回だけ紙の教材を届けている通信教育もあります。

 
タブレット学習によって苦手な部分をなくし、それを克服してから紙の教材でもう一度問題を解いていくことによって、さらに実力が身につくようになります。

また、紙に直接書いていくことで公式を覚えたり、作文の読解力が上がっていきます。

この学習の成果によっては、タブレットでのゲームや賞品の交換など、勉強ができた分だけのごほうびを送ってくれる通信教育もあります。

子どもがどこまで勉強しているかのチェック

紙の教材では、親が教材を確認するか、子どもにどこまで勉強が進んだのかを聞かないと、勉強の捗りはわかりません。

デジタル教材は子どもだけでできてしまう面もあるので、親が勉強のことを把握できないのはすこし心配だという方。

その心配をする必要はありません。ご安心してください。

 
タブレット学習は、子どもがどこまで学習したかをデータで管理しておくことができるようになっています。

そのため、子どもの学習の進み具合や、どこまで勉強できたかのチェックを、それぞれ専用のアプリやメッセージ機能によって確認することができます。

 
こういった保護者にもむけた機能を備えているものもあるので、通信教育を始めたいと考えている方は、保護者向けの機能についても調べてみるようにしましょう。

 
勉強をがんばれている子どもを褒めてあげたいという場合でも、LINEのようにかわいいスタンプを送れたり、子どもへのコメントを送信できるようになっています。

仕事先でも、スマホやパソコンから確認もできるので、子どもを励ますためにも活用できます。

子どもの勉強を捗らせるには、褒めることや励ますことも大事です。

褒められることで学ぶ習慣もつくので、ちゃんと勉強ができた時にはしっかり褒めてあげるようにしましょう。

学習習慣を身につける

子どもの予定に合わせてアラームをセットできる機能がついているタブレット学習では、決まった時間に勉強を始めることによって、子どもに学習習慣を身につけるよう促すことができます。

 
親から勉強をやりなさいと言われても、逆にやる気が削がれてしまう子どもも少なくはありません。

そういった時、アラームで学習時間を教えてくれることによって、勉強の時間を覚えるだけでなく、勉強に取り組みたくなるようにする工夫がされています。

 
塾など、決められた時間に勉強をするできる場所を設けるのもいいですが、両親とも共働きの場合は送り迎えが負担になることもあります。

子どもだけで勉強ができ、親からの言葉いらずで勉強を始めることができるタブレット学習なら、自然と学習習慣が身につくようになっています。

まとめ

タブレット学習には様々な機能がつけられており、親がそばにいなくとも、子どもだけでの勉強ができるように工夫がされています。

採点をつけたあとには音声での解説もいれてくれるので、隣で先生に教わっているかのような勉強を、家ですることができるようになっています。

 
仕事が忙しくて子どもの勉強の面倒が見てあげられないという場合には、タブレット端末を利用するタブレット学習を子どもに勧めてみてください。

子どもの勉強は、子どもの意見を尊重して、親がサポートしてあげることが大切です。

タブレット学習はそんな親御さんやお子さんの手助けをしてくれる学習ツールとなっています。

-オンライン学習

Copyright© 雑学と豆知識のトレンド , 2017 All Rights Reserved.