自宅に居ながらしっかりとお勉強、インターネット学習塾

投稿日:

情報社会として発展を続ける日本、いまやインターネットは一般的な情報収集方法であり、娯楽の1つでもあります。

小学校でも高学年から授業でパソコンを使う事が増え、携帯電話も一部の子供や学生はスマートフォンを所有しています。

そんな時代だからこそ、塾でのお勉強もインターネットを通じてお手軽に、「インターネット学習塾」というものをご紹介します。

インターネット学習塾の効果

インターネット学習塾とは、パソコンを使って授業動画を観て勉強したり、問題集・ドリルをデータとしてダウンロードする事が可能な、その他様々なコンテンツを含んだネット上の塾と言えるものです。

学校や塾、家庭教師などで行われる授業は事前に用意、工程を考えられているとはいえ、ぶっつけ本番であり、生徒の態度次第で授業が進まない、あるいは想定外な事になるということもあります。

また、あくまで教師本人が考えた授業であるため「わかっている人が考えた教え方」となる事が多く、人によっては「わかりにくい授業」として勉強への意欲を削いでしまうことも。

インターネット学習塾の場合、授業動画としてまとめられた映像のため、授業を録画した後チェックが入り、生徒によるチャチャ入れなどの無いわかりやすくまとめられた「完成した授業」となるわけです。

 
また、勉強というものは本人にやる気がなければ効果は出ません。

例えわかりやすく、かつ出来るまで付き合うといった塾や家庭教師でも生徒自身が勉強なんてやっていられない、覚える気がなければ一切できません。

ではどうやって勉強に対してやる気を出させるか?1番大事なのは楽しいと思わせる事です。

もので釣るといった古典的な方法も効果はありますが、毎回通用するとは限りません。

ですがインターネットを用いた学習塾であれば、簡単にゲーム性のあるコンテンツで学習させることで、ゲーム感覚で勉強を楽しめるようにするといった対策方法を取ることができるのです。

インターネット学習塾のコンテンツ

インターネット学習塾にも種類があり、これまでの塾が全部同じ授業内容や方法では無いように、塾ごとによって含まれるコンテンツも違うものがあります。

例えば授業に関しても、基本的には映像ですが、動画なのか生放送やビデオチャットといったリアルタイムのものなのかといった違いがあり、利用できる学年や教科数、学習方法も予め用意されたものか、個人に合わせたオーダーメイド学習なのかといった違いもあります。

端末に関しても自前のPCやタブレット、スマートフォンといったものから利用できるものや、専用の端末が支給されるものなどの違いがあります。

端末の問題に関しては学校に持っていけるかどうかは環境によりますので割愛しますが、予め学校側に説明しておくことで許可が貰える可能性もあります。

勿論コンテンツが充実したり、より高レベルの学習方法であればある程、掛かる費用も大きくなります。

基本的にこれら学習塾は普通の塾と同じ月額制で、安いものは1000円程度、高くて月6千円程度になります。

他にも進学などを前提にした所であれば、高校・中学校・大学などの情報や進学した利用者によるアドバイスなどもコンテンツとして含まれている事もあり、手軽に進学プランを練る事ができます。

利用者だけでなく、保護者に対するサポートももちろんあり、子供の学習状況や進歩などの成果、テスト結果や保護者向けのアドバイスが行われる塾もあり、ただ塾や家庭教師に任せっきりじゃなく親として支えたいという方にもおすすめできるというのが特徴です。

インターネットによる危険性と安全性

インターネット学習によるメリットの1つとして挙げられるものとして「安全性」があります、例えば塾であれば通っている途中で事故や不審者に襲われるといった事件の可能性があり、家庭教師も場合によっては事件に発展しうる行為が行われる可能性があります。

また、集まって学習するという、学校に近いシステムである塾は他の生徒や講師による人間関係の問題が生ずる事もあり、最悪いじめといった事案に発展するかもしれません。

その点を鑑みると基本的に1人で勉強する形になり、他人との接触も最低限で済むインターネット学習塾は安全であると言えるでしょう。

逆に危険性、というよりも問題が当然存在します。

1つはインターネットを使用するということ、知っている人は知っているでしょうがネットというのは情報整理が行われていない、というよりも情報性が不可能な世界です。

図書館1つよりも圧倒的に膨大な量の情報が手軽に調べられる反面、嘘や誤情報も存在しており、それらの判断は大抵の場合利用者が判断することになります。

また、アダルトサイトやウイルスが仕込まれているサイトを踏んでしまった場合、そこから端末が駄目になったり、個人情報が引き抜かれたり、不当な料金が請求されたりしてしまいます。

更に、インターネット上では人の本性が曝け出されやすいという問題があり、特に日本人はその傾向が顕著であり、普段表で本音を言えなかったりストレスを抱え込んでいる人達が一切の遠慮も無く暴言を書き込む事が多いのです。

基本的に「匿名」であるのをいいことに好きなだけ罵倒の言葉を並べ、気に入らなければ荒らしてもいい、そんな考えの利用者が一定数居る環境ですので、万が一子供がそういった闇を目にしたり経験した場合、悪影響を及ぼす事になるでしょう。

とはいえ、それらは基本的に保護者に一定の知識があれば利用できないように設定して防ぐ事も可能です、なんでも取り上げてしまうというのはそれはそれで不満が溜まってストレスになるので好ましくはありませんが、まだ人として幼いうちはそういった毒を目にしないように守ってあげましょう。

さらにもう1つ問題点があります、あくまで一部のインターネット学習にのみ言える事ですが、完全にインターネット端末だけの学習では駄目だということです。

人は実際にすることで記憶に強く残る生物であり、それこそ人間は毎日億単位の物事を覚えますが、その大多数はすぐに忘れてしまいます。

勉強も、実際に書いて覚える事で記憶に残すのであり、ただ見ているだけでは短期記憶にしか残らず、その場でいい結果が残せても本番のテストでは思い出せないという本末転倒な結果にだってなりえます。

特に、ネットを多用していたり文に起こさず本を読んだりするだけの人に多く見られるのが「漢字は読めるけど書けない」という特徴です、勿論知らない字でも字が含まれた文の流れや話の展開から察して読んだりもできますが、実際に書いて覚えるという事をしなかったがために当たり前に読めていたはずの字が書けないという事が非常に多く見られるのです。

ですので、インターネット学習塾を利用する場合はダウンロードしたデータに対してキーボードなどで記入するタイプでは無く、印刷したプリントに直接書くタイプかどうかの確認をすることをおすすめします。

インターネット学習塾のまとめ

以上がインターネットでお勉強ができる、インターネット学習塾についての解説でした。

実際に効果があるのかどうか、費用対効果がどの程度なのかは残念ながら利用する子供との相性とやる気、その学習塾のコンテンツ内容によりますので断言はできません。

が、インターネット学習にのみあるメリットも多く、それこそスマートフォンなどの持ち運べるタブレット端末に対応していれば家だけでなく、ちょっとした時間で勉強したり授業動画で確認したりなどができ、決まった時間でしか勉強のできないことは塾や家庭教師にはない大きなメリットです。

他にも動画や問題がデータとして残る以上、どんどんと先へ進んでいく塾と違って簡単に予習復習が可能です。

普通の塾や家庭教師にないメリットや特徴に対して価値を見いだせた方や、子供が心配な方には強くおすすめしたい勉強方法、それがインターネット学習塾です。

-オンライン学習

Copyright© 雑学と豆知識のトレンド , 2017 All Rights Reserved.